織田信長の子供たち

織田信長は子供がたくさんいました。
息子は11名(12名とも)、娘が12名、養女4名、嫡子1名・・・
ビックダディです。

信長没後の織田家はあまりクローズアップされませんが秀吉にくっついたり、怒らせたり。関ヶ原の戦いも東軍についたり西軍についたり変幻自在です。

当時の常識として、家を残すということにかなりの執着があったのだと思います。そうでなければ、関係のないところからわざわざ養子縁組しませんよね。
そして女子は、言い方悪いかもしれませんが人質ですね。敵意がないことの証として、貴族・皇族との関係を保つためですね。
それが証拠に嫡子として、誠仁親王の第5皇子である興意親王を引き受けています。 興意親王は江戸滞在中に急死し、高輪にお墓が残っています。

今回は信長の子供たちの墓についてまとめてみました。抜けている人もいるので、判明次第順次アップします。

信長の子供たちの墓一覧