信長公記を読むーその2-

首巻2 あづき坂合戦の事

天文11年(1542)8月上旬、駿河の今川義元の軍勢が三河の正田原へ攻め寄せ、陣を七段に展開した。その時、三河安祥の城織田信秀が守っていた。
駿河勢は由原という武士が先陣を切り、小豆坂へ軍勢を繰り出した。信秀は安祥から矢作へ出撃。弟の信康信光信実らとともに小豆坂で一戦に及んだ。
この時、信秀や信康、信光、信実はいずれも武功をあげたが、信房は槍傷を受けた。
内藤勝介は名だたる武将を打ち取り武名をあげたが、清州の那古野弥五郎は討ち死にした。その他下方貞清や佐々政次佐々孫助、中野一安、赤川景弘、神戸市左衛門、永田次郎衛門、山口教継らは三度、四度と次つぎ敵に打ちかかり、各々手柄を立てた。誠に激しい合戦であった。
駿河・今川勢は多くの犠牲者を出した。

小豆坂の戦いは、 織田信秀軍と今川・松平連合の間で起こった戦いで、第1次(天文11年・1542)と第2次(同17年・1548)にわたり繰り広げられました。
岡崎城に近い三河国額田郡小豆坂(現在の愛知県岡崎市字羽根町字小豆坂、同市美合町字小豆坂)が合戦の戦場と言われています。
発端は松平家中の家督相続をめぐる対立でしたが、領地拡大を目指す織田氏と今川氏が介入。事実上、松平清康の死後勢力の衰えた西三河地方の覇権を巡る、織田信秀と今川義元の抗争です。ここから今川との因縁の対決が始まりました。
また、小豆坂7本槍という戦いで活躍した織田方の勇士を総称した名称も生まれました。