松姫さま四百年祭

松姫さま四百年祭は信源院松姫さま400年祭実行委員会が主催するお祭りです。

松姫は、武田信玄の6女で、武田織田同盟の証として、織田信忠との婚約が成立していました。その後、徳川家康との三方ヶ原の戦いが起こり、同盟は波状。松姫との婚約も破棄となりました。

その後織田軍に武田一族は滅ぼされ、松姫は八王子に逃げ延びました。八王子には信忠の使者が訪れ、信忠の元に輿入れをする予定でしたが、本能寺の変により信忠が死亡したのを機に、信松尼と称し出家しました。

10日から15日まで信源院にて松姫座像を特別公開しています。また16日には、松姫さまの生涯を学べる講談や 産千代稲荷神社での長安祭 、市内織物組合前から信源院までの行列も企画しています。到着後、本堂にて大法要を行ないます。