織田信長公の父・母・叔父・叔母・大叔父の墓

織田荘の荘官として、また劒神社の神官として代々劒大神に仕えてきた織田氏は、越前町織田(えちぜんまちおった)発祥と言われています。時の越前守護である斯波氏に才能を見出され、家臣として尾張に派遣されます。地名から織田という名前を名乗るようになったようです。

信長公の祖父である信定(信貞)の代になり、津島の港を手中に収め、貿易から経済力を持つようになりました。これを基に織田家発展の基礎ができたといわれています。

その後、津島から勝幡に居城を移し、信秀(信長公父)に家督を譲り信長公の発展へと続きます。

信秀が織田家の菩提寺として開基した萬松寺をはじめ、信長公の祖先の墓は尾張を中心に点在しています。

尾張名所図会「萬松寺」

現在の萬松寺・からくり人形「信長」

信長公の父・母・叔父・叔母・大叔父の墓一覧を作成しました。参考にしてください。場所によっては拝観できないところもありますので、事前に確認をしてからお出かけくださいますようお願いします。

織田信長公の父・母・叔父・叔母・大叔父の墓一覧