長久手郷土資料室特別展 小牧・長久手の戦い~秀吉と家康が戦い、歴史が動いた。ここ長久手で。~

長久手市郷土資料室では、郷土史への関心を高め特別展「小牧・長久手の戦い~秀吉と家康が戦い、歴史が動いた。ここ長久手で。~」を11月18日(金)~12月18日(日)の期間で開催します。

 

天下統一に大きな影響を与えたこの合戦について、屏風絵図パネルや、合戦屏風に登場する武将にまつわる書状など、近年発見された史料(レプリカ)を交えて紹介します。

 

11月26日(土)には特別展関連講座・愛知県立芸術大学連携講座として「小牧・長久手の戦い合戦図屏風と見る、戦いにおける空間、地形、時間」を実施。地形データを活用したタブレットコンテンツを利用して、平面の地図からはわからない、戦いの様子を空間体験的に検証します。参加申し込みは先着順(20人)となっています。生涯学習課にて受付を行なっています。