博物館特別展 風林火山!駿河を駆けた武田軍団展

藤枝市郷土博物館・文学館では博物館特別展となる風林火山!駿河を駆けた武田軍団展を11月12日(土)~12月18日(日)の期間で行ないます。駿河国と遠江半国を領有し、合戦に明け暮れた武田軍団の足跡を、貴重な資料・古文書・武具、ゆかりの伝世品によってたどり、武田氏の駿河支配の実態や、徳川家康との激しい攻防について紹介します。また、武田氏に従った今川旧臣の駿河先方衆(朝比奈信置ほか)や、駿河で新たに編成された武田水軍(土屋貞綱ほか)にもスポットを当てて資料紹介します。

20日(日)には歴史演劇「武田長篠合戦伝説」を、23日(水・祝)にはSPAC奥野晃士が語る歴史演壇「真田幸村」を実施します。さらに文学館講座学習室にて90名(申込順)の武田展記念講演会「戦国大名武田氏と駿河・遠江」を行ないます。日時等は以下の通りです。
第一回「武田信玄・勝頼と駿河・遠江―実像と領国経営―」
11月19日(土)13時30分~15時30分 笹本正治氏
第二回「武田二十四将と信濃国衆の真田氏・依田氏」
12月7日(水)14時~16時 平山優氏
第三回「武田に仕えた今川遺臣のその後―駿河・遠江先方衆を追って―」
12月11日(日)14時~16時 小和田哲男氏