2月に開催する歴史祭りについて

2月に開催する全国の歴史祭りをピックアップしました。
参加される場合は各主催者に確認の上お出かけください。

□02月12日(日)岐阜 今尾の左義長
高さ約6メートル、重さ約1.5tの13町内の竹神輿が順番に神社境内に入ります。千本近い青竹が燃え盛り爆竹音がこだまします。その中をそろいの長襦袢に白足袋姿の若衆が駆け回ります。

海津市

□02月25・26日(土日)福井 勝山左義長まつり
市街地の各町内に12基の櫓を建て、その上で赤い長襦袢姿の大人たちが子供を交え、独特のおどけ仕草で三味線や笛、鉦によるテンポいい囃子にのって浮かれます。全国でも勝山左義長だけの特徴です。ガイドブックはこちら

勝山左義長まつり実行委員会

左義長
正月行事の一つで火を崇め火伏を祈願する神事です。日本3大左義長祭りとして岐阜・海津市、福井・勝山市、滋賀・近江八幡市が有名です。地方によっては「どんと」と呼ばれます。
左義長は戦国時代には三毬杖(さぎちょう)と表現されます。信長公も左義長は好きだったようです。

□02月12日(日)熊本 戦国肥後国衆まつり
天正15年、検地に反対して肥後の国衆達が一揆を起こした壮絶な戦いの模様を再現した祭りです。

和水町商工観光課

□02月12日(日)愛知 鳥羽大篝火
鳥羽神明社が創建された大同年間(806から809)から続くと伝えられる火祭りです。
鳥羽神明社

□02月23・24日(木金)栃木 大田原藩主墓前祭(城鍬舞)
城鍬舞は大田原家13代資清が、大田原城築城に動員した農民をねぎらう祝宴で、石上村の藤兵衛が鍬や鋤(すき)を持って踊ったのが始まりとされています。
太田山光真寺