織田家と行く安土町中・安土山putit散歩

6月2日は織田信長公の命日です。

安土城が秀吉の政策により廃城となった後、安土山中に残された總見寺は江戸時代まで宇陀松山藩織田家(移封により柏原藩へ)の猶子が住職として選出され、徳川家の朱印により廟を守っていました。
安土山は社寺領として信長公および宇陀松山藩織田家4代の墓とともに、織田家が守ってきたシンボリックで神聖な場所です。今年も江戸期最後の住職・宗敦の子孫として参拝に参ります。

安土に来られる方がいらっしゃいましたら一緒に町を散策しませんか?僭越ながら安土のご案内を致します。日曜日は安土信長まつりも開催しています。
参加費等はありません。ご興味ございましたらご参加ください。一般社団法人織田木瓜紋会の青い旗をもってお待ちしています。


6月3日(土)
集合場所 安土駅改札 午前10時
安土城址と道程にある寺社や史跡などをご案内します。

タイムスケジュール
10時 安土駅→浄厳院→安土城郭資料館→昼食→12時 安土駅→13時~15時 安土城址→16時 安土駅(解散)

往路予定
10時:安土駅改札→浄厳院→安土城郭資料館→昼食
12時:安土駅改札→平等寺→八幡神社→東南寺→セミナリヨ史跡公園→東馬次郎屋敷→安土城址→フリータイム

復路予定
15時:大手道入り口→石部神社→會勝寺→百々橋→活津彦根神社→称名寺→安土小学校→安土駅

※徒歩で安土城址まで向かう予定です。博物館や史跡、寺社仏閣を巡り安土山に到着するまで往路はおおよそ120分かかります。途中早めに昼食をとる予定です。その後任意で安土山に登山していただきます(登山せずに他所へ行かれても構いません)。
※往路と復路のルートが異なります。
※安土山中ではガイド行為が禁止されているのでガイドできません。
※ご朱印帳をお持ちの方は持参してください。ご入用でしたら何冊か持参しますのでお買い上げください。織田木瓜紋会オリジナルご朱印帳は巾着袋とセットで特別価格2500円(税込)で販売します。

オリジナルご朱印帳と巾着袋
※安土山入山料は700円、特別拝観(總見寺仮本堂見学・茶菓子付き)と合わせると1200円かかります。
※山中にトイレがありません。トイレに行かれる方は事前に山下にあるガイダンス施設(有料200円)内トイレをご利用ください。

6月4日(日)
集合場所 安土駅改札 午前10時
お祭りと資料館を楽しみましょう。

タイムスケジュール
10時 安土駅→10時10分~13時 文芸の里:フリータイム
→13時~15時 安土城址→15時30分 文芸の里→15時40分 安土駅(解散)

10時 安土駅→祭り会場→フリータイム
13時 安土城天主信長の館正面玄関前→松源院弘法大師堂→安土城東門址など→祭り会場→安土駅

※お時間がある方は東門址と石仏のピラミッド、四国八十八か所の石仏がある場所をご紹介します。祭り会場から20分歩きます。
※集合時間 午後1時 安土城天主信長の館正面玄関前

※当日は会場となる文芸の里まで無料シャトルバスが運行します。こちらにお乗りください。
※博物館と資料館は入場料は900円(滋賀県立安土城考古博物館と信長の館共通券)かかります。
※特別展「信長のプロフィール」を4日まで開催中です。展示内容はこちら
※安土信長まつりは10時から16時までの開催です。

交通の目安
東京-安土6:30-9:52(のぞみ京都経由ーJR東海道山陽本線快速 米原行き)
大阪-安土8:30-9:52(JR東海道山陽本線新快速 近江塩津行きー近江八幡乗り換え JR東海道山陽本線快速米原行き)
京都-安土9:07-9:52(JR東海道本線快速米原行き)
名古屋-安土8:20-9:30(JR東海道新幹線ひかり501号 米原ーJR東海道本線快速 加古川行き)