織田木瓜紋会の町娘、淡路島に行くー南あわじ市SEAPAでの藤堂氏・明智氏のトークライブレポートー

10月21日(日)兵庫県南あわじ市のショッピングセンターSEAPA(シーパ)にて、当社団理事・明智憲三郎氏と、淡路島出身の漫画家・藤堂裕氏によるトークライブ「明智光秀の真実」を行ないました。

藤堂氏は現在、別冊ヤングチャンピオン(秋田書店)にて、明智氏の研究内容を原案とした漫画「信長を殺した男ー本能寺の変431年目の真実ー」を連載中です。
大胆なストーリーと圧倒的な画力で人気を博し、単行本は累計50万部を突破しています。
10月開催の当社団主催講座でも講師をしていただきました(詳しくはこちら)。

会場にお邪魔した“町娘”こと、会員のYさんが会場の様子を中心に、淡路島についてレポートします。

はじめまして、会員Yです。マンガ大好きな私は、藤堂氏の名作「由良COLORS」の舞台である淡路島を一度訪れたくて、今回自ら志願して現地取材を行ないます(自腹ですが…笑)。

トークライブは、「信長を殺した男ー本能寺の変431年目の真実ー」4巻および、明智氏の新刊「光秀からの遺言ー本能寺の変436年後の発見ー」(河出書房新社)の同時発売を記念し、南あわじ市内の書店・坂本文昌堂で行ないます。
まずは深夜バスで神戸市三宮に向います。三宮から南あわじ市までは、高速バスで約1時間30分の道のりです。当日は麗らかなお天気で、明石大橋から見える瀬戸内海もキラキラ光っています。陸の港西淡バスセンターでらん・らんバス「せい太くん号」に乗り換え、11時前には会場のSEAPAに到着します。
時間に余裕があったので、周辺を少し探検。SEAPAの隣に市営のフィットネスクラブ「ゆとりっく」があり、日帰り温泉施設「うずしお温泉」も併設されています。
これはラッキー!さっそく淡路島の温泉を満喫することに。少しぬめりのある、肌にやさしいお湯です。すっかり心は観光客ですが、この後ちゃんと取材をしなくては!

 

 

SEAPA内の特設ステージでは、午後に入ってイベント開始時間が近づくと、「光秀プロジェクト」のプロモーションビデオが流れはじめます。放映開始をきっかけに続々と会場に人が集まります。最初に設置したベンチだけでは席が足りなくなり、スタッフさんが慌てて予備の椅子を運び込む場面も。

 

坂本文昌堂代表取締役・坂本昌文氏の司会でトークライブが始まり、藤堂氏が登壇、氏の紹介で明智氏が登壇します。

 

トークライブは、主に藤堂氏が聞き役となり、明智氏の新刊をもとに光秀の前半生や系図について話が進行します。少し難しい内容ですが、会場はメモをとりながら聴講する熱心な方が多数います。
淡路島関連の話題といえば、興味深い話も。

細川藤孝の養父が、淡路守護の細川家(細川淡路守)という学説があるそうです。藤孝は光秀と関係の深い武将なので、新情報が淡路島に埋もれている可能性があるとのことです。
「信長を殺した男」については、明智氏から「研究本の内容だけでは物語として成り立たない。
従来の軍記物に頼らず、オリジナルのエピソードを藤堂さんが考えてくれ、とても面白い作品になっている」との話があり、会場の皆さんもうなずいています。ちなみに、明智氏は事あるごとに「漫画にしてくれたのが藤堂先生で本当によかった」と100万回くらい力説していることを、この場を借りて皆様にお伝えいたします。
質問コーナーでは、大人の方はもちろん、小中学生からも「光秀が謀反を起こさなかったらどうなっていたと思いますか」「坂本龍馬が明智光秀の子孫というのは本当ですか」など、鋭い質問を続々と壇上のお二人に浴びせます。将来、淡路島からすごい歴史学者が誕生するかもしれませんね!

 

トークライブ後の合同サイン会も大盛況です。トークライブにきていたほとんどの方が参加されたのではないでしょうか。
SEAPA内の坂本文昌堂店頭に山積みだった二人の本は売り切れ続出。1人で何冊も大人買いされている方もいたとか。さらに、当日販売していた6冊全種類を購入した方には、お二人のサイン色紙もプレゼント。豪華すぎます!
藤堂氏が1冊ずつ丁寧に描いた直筆イラスト入りのサイン本。受け取った方はみな満面の笑みで会場を後にしています。
余談ですが、サイン会終了後の会場に最後まで残っていたのは、藤堂氏のご両親と、あの「由良COLORS」のキャラクターモデルとなった、藤堂氏のご友人達です。一番後方でずっと見守っていらっしゃったのです。歩み寄っていくご友人達の後姿と、それに気づいて破願した藤堂氏を見つめながら、氏の描く登場人物がなぜ魅力的なのか、そのルーツを垣間見た気がして、思わず胸がいっぱいになります。
藤堂氏のふるさとで開催されたイベントならではの貴重な体験です。

 

さて、淡路島と言えば玉ねぎが特産。帰りに陸の港西淡待合所のお土産コーナーで、たまねぎせんべいとたまねぎスープを購入。店員さんの笑顔がとても素敵です!今回はゆっくりできませんでしたが、今度来るときはもっと淡路島を堪能したいです。
信長を殺した男の5巻発売イベント、また淡路島でやってくれないかしら?