大阪 山城に関するシンポジウムと座談会を開催

河内長野市は12月2日(日)に、国史跡指定を進めている山城と指定後の山城の現状を知り、今後の山城の保存と活用について考える関西城郭サミット2018「中世山城の史跡指定を考えるーその保存と活用ー」を開催します。ノバティホール(河内長野市駅前市民ホール)にて加藤理文氏(日本城郭協会理事) など4名が講演を行ないます。

同市にある烏帽子形城は、2013年1月に大阪府内で城跡としては約70年ぶりに国の史跡指定を受けた山城です。

参加費は1000円で当日先着順で受付けます。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。