全国のゆかりの地で供養祭開催ー赤穂事件ー

12月14日は何の日でしょう?元禄15年(1703)旧赤穂藩浅野家家臣47人が、本所の吉良邸に侵入し吉良上野介を討ちとった日です。「忠臣蔵」として有名です。
赤穂浪士側からすると親の仇をとった討ち入り、吉良側からすると暴徒の集団に寝込みを襲われたかちこみです。今回は赤穂事件を簡単に振り返りながら、赤穂側と吉良側の双方の対応を順を追って見るとともに、関連する地域の行事紹介をします。

きっかけは松之大廊下
赤穂事件のきっかけとなった松之大廊下事件は、元禄14年(1701)3月14日午前10時頃発生します。浅野内匠頭(長矩)が吉良上野介(義央)を、江戸城内松之大廊下で切り付けます。喧嘩両成敗とはならず、長矩は切腹に無罪ながらも義央は隠居に追い込まれます。
江戸城本丸大広間と白書院(将軍との対面所)を結ぶL字形の廊下が松之大廊下です。本丸で二番目に長い廊下といわれ、西へ約19メートル、北へ約31メートル、幅は約5メートルあります。障壁画に「松」を主題にした絵が描かれていたことから「松之大廊下」と呼ばれています。
皇居東御苑内の松之大廊下があった場所には、所在を示す石柱が建っています。
長矩は芝愛宕下にある陸奥一関藩・田村邸下屋敷で、即日切腹となります。虎ノ門ヒルズの近くに石碑があります。

1.皇居東御苑内の松之大廊下跡石柱

2.浅野内匠頭終焉の地碑

その時、妻は・・・
遺体は東京・高輪の泉岳寺に埋葬されます。京都市山科区の瑞光院には、大石義雄によって短刀と衣冠が埋葬され供養塔が建ちます。正室・阿久利姫は夫の死後、麻布今井町にある三次浅野家下屋敷に引き取られ、落飾して瑤泉院(ようぜんいん)となり、夫の菩提を弔います。亡くなった後は長矩と同じ泉岳寺に埋葬されます。東京・西巣鴨の妙行寺には240回忌に建てられた瑤泉院の供養塔があります。
生まれ故郷の広島・三次の鳳源寺に、瑤泉院を供養した五輪の遺髪塔と、後になってから四十七士の木像を安置した義士堂が建てられます。

3.港区泉岳寺

4.京都市山科区瑞光院

5.泉岳寺の長矩墓

6.三次市鳳源寺の瑤泉院遺髪塔

おとがめなしも、自ら引退
一方の義央は、3月26日に高家肝煎職の御役御免願いを提出します。8月13日に呉服橋の屋敷を召し上げられて9月3日に本所に移り住むことになります。
翌元禄15年12月11日に隠居願いを提出します。坪数2550坪の屋敷で、ここで討ち入りが起こりました。現在は本所松坂町公園となり、その一部が吉良邸跡として保存されています。吉良邸表門跡や吉良邸裏門跡などの史跡が残ります。

7.本所松坂町公園

8.松坂稲荷神社

赤穂の地元はてんやわんや
松之廊下事件が起こるとすぐに、早駕籠が浅野の領地である赤穂藩へと飛びます。第一報は江戸での刃傷沙汰のみを伝え、第二報で長矩切腹と赤穂藩の取り潰しが報告されます。何れも19日には赤穂に到着したようです。大石内蔵助以下、総登城を命じられた藩士と対応を議論します。幕府から城を明け渡すよう要請されていたからです。
連日の議論を経て出した結論は、赤穂城の前で皆で切腹しようというもの。切腹に同意する旨の神文(起請文)を60人余りが提出します。
結局切腹は行なわれず、4月18日に城の明け渡しとなります。同時に、大石は長矩弟・浅野大学によるお家再興を上使に嘆願します。
赤穂城を出ていかなければならない大石達家臣は、山科や大阪・伏見などに散らばります。

9.赤穂城址

10.赤穂大石神社

残された藩士たちの決断
吉良を打ち取ろうとする家臣たちの暴発を防ぐため、お家再興を目指す大石は2度にわたる会議を開きます。しかし、元禄14年7月に大学が閉門され、事実上浅野家再興の道が閉ざされると、再び会議を行ない吉良邸に討ち入ることが決定します。仇討ちの意思を確認するため、神文を同志たちに返して回り、受け取りを拒否したものだけメンバーとして認めます。そして吉良邸に侵入し吉良上野介義央を打ち取り、泉岳寺の墓前に義央の首を供えたのち、幕府の指示により全員切腹します。

11.泉岳寺赤穂義士墓所

上杉家にも一報入電
吉良邸討ち入りの報は上杉家にももたらされます。第一報は12月15日の明け方、本所屋敷向の豆腐屋と、義央家臣・丸山清右衛門が報じます。
老中・稲葉丹後守は高家の畠山下総守義寧を上杉家に派遣、討手を差し向けて江戸府内を騒がしてはならぬ、一切の処置は幕府に任せるように、との意向を伝えて綱憲を説得したようです。屋敷は東京都千代田区霞が関にある桜田門そばの法務省旧館赤レンガ。米沢藩上杉家跡地を示す記念碑があります。

12.米沢藩上杉家跡地

吉良の地元では
義央は代々、三河国幡豆郡吉良を領した旗本です。治水工事や新田開拓に注力し、地元では慕われ名君と呼ばれています。東京都中野区上高田にある曹洞宗の寺院、萬昌院功運寺に義定・義弥・義冬・義央の吉良家14代から17代まで4代の墓石があります。また討ち入りの際に犠牲となった家臣の供養塔もあります。
愛知県西尾市吉良にある華蔵寺は吉良家歴代の菩提寺です。江戸時代の旗本は領地と江戸に菩提寺を置いていた例が多くみられます。墓には遺髪を埋葬しています。義央の曾祖父、義定によって慶長5年(1600)に金星山華蔵寺から片岡山華蔵寺と改められ菩提寺とされます。華蔵寺の吉良家墓所には義安以下、代々の墓が建ち並んでいます。

13.中野区萬昌院功運寺

14.西尾市華蔵寺

妻・富子は上杉家に居候
義央の正室は米沢藩主の上杉定勝四女・参姫(三姫)。吉良家に嫁いだ後、富子と改名します。義央との間に二男四女を授かり長男・吉良三之助(後の上杉綱憲)は綱勝の養子に入って上杉家を相続します。長女と三女、四女も綱憲の養女となりそれぞれ嫁ぎます。一方、次男・吉良三郎と次女・振姫は夭折します。
松の廊下事件の後、吉良家の屋敷は呉服橋から本所松阪町に移りますが、富子は芝白金にある上杉家下屋敷へ移ります。義央死後は落飾して梅嶺院と号し、その菩提を弔います。
富子の墓所は東京都渋谷区広尾の東北寺にあります。

15.東北寺

16.左から上杉定勝・富子墓

その後の吉良家
吉良家を相続したのは、義央の孫である上杉綱憲次男・春千代。
吉良家では義央の次男・三郎が嫡男となりますが、貞享2年(1685年)に夭折し、他に男子がなかったため養子として上杉家から吉良家へ入り吉良左兵衛義周と名を改めます。
義周は赤穂事件当日の対応が仕方不届(しっかり防戦していたのに、その働きが武士らしくなかった)とされ改易の上、信濃国諏訪藩にお預けを言い渡されます。
虚弱体質で晩年は寝込むことが多くなり、宝永3年(1706)1月19日に危篤、20日に死去。跡継ぎはなく、吉良家は一時断絶します。墓所は長野県諏訪市中洲にある法華寺。法華寺は信長公が武田討伐を行なったときに本陣とした場所でもあります。
宝永7年(1710)吉良家の流れをくむ蒔田家が、吉良姓に戻り高家として幕末を迎えます。

17.甲府市法華寺

その後の浅野家
大学は宝永6年8月20日、将軍綱吉死去に伴う大赦で許され、翌9月には新将軍徳川家宣に拝謁して改めて安房国朝夷郡・平郡に500石の所領を賜り旗本に復帰します。またこれとは別に浅野宗家からも300石を支給され続けます。
赤穂浅野家は旗本ながら御家再興を果たし、幕末を迎えます。

宮内庁赤穂事件に関する史料

吉良上野介屋敷図
大石内蔵之助屋敷図
吉良家日記
赤穂浪人御預之記
赤穂義人録
浅野内匠頭家来口上書等

※義士親善友好都市交流会議(忠臣蔵サミット)について
平成元年に兵庫県赤穂市が「赤穂義士ゆかりの地」の所在する全国の自治体に呼びかけ、「義士親善友好都市交流会議(忠臣蔵サミット)」が創設されました。
現在、同サミットには全国32の自治体が名を連ねています。30回目となる2018年の開催は、広島県三次市で行なわれました。

関連する祭り・法要

北海道砂川市 12月14日 北泉岳寺 北海道義士祭

新潟県新発田市 12月14日 長徳寺 義士祭

茨城県笠間市 12月14日 笠間義士祭

東京都墨田区 12月8・9日 吉良祭

東京都墨田区 12月14日 松坂稲荷神社 義士祭

東京都台東区 12月14日 五條天神社 赤穂義士を偲ぶ行事

東京都都港区 12月14日 泉岳寺 赤穂義士祭

東京都中野区 12月14日 萬昌院功運寺 吉良公慰霊法要

愛知県西尾市 12月14日 華蔵寺 毎歳忌法要

京都市山科区 12月14日 大石神社 山科義士まつり

京都市東山区 12月14日 法住寺 義士会法要

京都市左京区 12月14日 本妙寺 義士祭

大阪市天王寺区 12月9日 吉祥寺 大阪義士祭

兵庫県篠山市 12月14日 宗玄寺 義士祭法要

兵庫県赤穂市 12月14日 赤穂大石神社 赤穂義士祭

兵庫県加東市 12月14日 観音寺 加東市赤穂義士祭

兵庫県加西市 12月14日 久学寺 義士祭

兵庫県加西市 12月14日 多聞寺 義士祭

兵庫県豊岡市 12月14日 正福寺 豊岡義士祭

愛媛県松山市 12月14日 興聖寺 松山義士祭

広島県三次市 12月14日 鳳源寺 三次義士祭

広島県三原市 1月23日 宗光寺 三原義士祭

広島県広島市 12月14日 明星院 赤穂義士討入り大祭

福岡県福岡市 12月14日 興宗寺 福岡義士祭

福岡県八女市 12月14日 一念寺 義士祭

福岡県福津市 12月9日 新泉岳寺 津屋崎義士祭

福岡県北九州市 12月14日 若松恵比須神社 若松忠臣蔵

熊本県山鹿市 2月4日 日輪寺 義士慰霊祭