兵庫 実測をもとにした山城の展示会

加古川市立松風ギャラリーでは、「中世播磨250の山城 メジャー測量から見た歴史観 」と題した展示会を16日(日)まで開催中です。

日本の古代から戦国時代にかけての間に築かれた山城を調査研究している木内内則氏が、播磨地方の山城を中心に約270の城郭をメジャー測量した実測をもとに、当時の縄張り(平面配置図)を想定復元した図面を展示します。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。