和歌山 スマートフォンアプリを使った謎解き

和歌山城は、12月28日(金)までの期間、VR(仮想現実)とGPS(全地球測位システム )を使ったリアル謎解きゲーム「築城の影に隠された起死回生の秘策」を行ないます。企画は凸版印刷株式会社とNAZO×NAZO劇団(株式会社ハレガケ)が担当しています。

和歌山城は、天正13(1585)年に羽柴秀吉が弟の秀長に命じて創建した城で、藤堂高虎らが普請を担当したといわれています。現在の天守は、昭和33(1958)年に鉄筋コンクリートで再建されたものです。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。