滋賀 羽柴秀次の八幡山城址で初日の出

近江八幡市にある八幡山では、1月1日(火祝)早朝6時30分よりロープウェイを運行し、山頂にある展望館で初日の出を見ることができます。

山中にある村雲御所瑞龍寺門跡では、ご住職による新年の説法が7時30分より行なわれます。また、売店では先着200名に甘酒をふるまいます。

八幡山は豊臣秀次が安土城および安土城下町を移築して形成した場所で、秀次事件の後は北近江の守護だった京極家から京極高次が入城。約10年で廃城となりましたが、八幡商人が町の自治を行ないいわゆる近江商人の街の一つとして存続し発展をとげます。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。