広島 新春!江戸時代の富くじ体験

広島市中区にある広島城は、1月14日(月祝)に江戸時代、広島藩営のもと、宮島で開催された「富くじ」の体験を行ないます。参加者には空くじなしの広島城オリジナル商品をプレゼントします。

広島城は天正19(1591)年に毛利輝元により築城。関ケ原の合戦後、福島正則が治めていましたが転封となり、浅野家が代々城主を務め広島藩として君臨します。支藩として三次藩と広島新田藩があり、赤穂藩浅野家とは親戚関係です。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。