岡山 上杉謙信の愛刀「山鳥毛」里帰りプロジェクト

瀬戸内市は、備前刀の最高峰である国宝「山鳥毛(さんちょうもう)」購入を目指し、ふるさと納税などによる資金調達を進めています。昨年1月、現在個人所有となっている刀に対し、瀬戸内市に5億円での売却の打診がありました。市は「里帰りプロジェクト」を立ち上げ、インターネットを通じて個人から寄付を募るクラウドファンディング型ふるさと納税と、企業版のふるさと納税などによる資金調達に着手しています。1月31日までの受付で14日現在、約1億65百万円寄せられています。

山鳥毛は上杉謙信の愛刀として知られ、新潟県上越市が2016年に購入を表明しましたが、金額面で難航し交渉は17年11月に白紙に戻っていました。

詳細はこちらをご覧ください。