和歌山 新宮城復元に向け懸賞金

新宮市企画制作部は、懸賞金を懸けて新宮城の復元に必要となる資料を募集しています。募集期間は2021年3月31日までで、建物の大きさや外観が分析できる古写真などの資料を探しています。新宮城の天守・大手門・櫓の復元根拠となる古写真や設計図などが対象で、最高で1700万円の懸賞金がかけられています。

新宮城の初代城主:水野重仲は、徳川家康の母方のいとこにあたり、平成31年(2019年)は、水野家が新宮に入ってから400年という節目の年を迎えます。

詳細はこちらをご覧ください。