東京 13日から始まった刀剣展と講演会

世田谷区の静嘉堂文庫美術館は、4月13日(土)から開催中の展示会「日本刀の華 備前刀」のイベントとして、東京国立博物館の佐藤寛介氏を招いた講演会を20日(日)に行ないます。当日朝に整理券を配布し、13時30分より先着120名限定で開催します。参加は無料ですが、入場料がかかります。

静嘉堂文庫は三菱財閥創業者・岩崎彌太郎の弟・彌之助(三菱第二代社長)と小彌太(同第四代)の父子二代によって設立され、国宝7点、重要文化財84点を含む、およそ20万冊の古典籍(漢籍12万冊・和書8万冊)と6500点の東洋古美術品を収蔵しています。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。