東京 徳川将軍が描いた絵

府中市美術館は、春の江戸絵画まつり「へそまがりの日本美術ー禅画からヘタウマまでー」を5月12日(日)まで開催しています。中世以来の禅画から現代のヘタウマまで、「へそまがり」な感性が生んだ、なぜか心惹かれる日本絵画の数々を紹介。中でも将軍や大名らのたしなみのひとつとして、江戸時代に絵描かれた将軍や大名らの作品は注目です。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。