群馬 江戸のなぞなぞや視覚マジックを絵で表現

高崎市タワー美術館は、6月29日(土)より企画展「江戸の遊び絵づくし」を開催します。江戸時代に流行した浮世絵の1ジャンルである「遊び絵」を主体とした展示会で、寄せ絵や上下絵、影絵、判じ絵など洒落や遊び心に満ちた作品を紹介します。

高崎市タワー美術館はもとは私営美術館でしたが、収蔵作品とともに高崎市に寄贈されリニューアルオープンした美術館です。

詳細はこちらをご覧ください。お出かけの際は主催者にお尋ねください。